結婚指輪のデザインを夫婦で別々にするのはあり?なし?

お互いが納得できる指輪の選び方とは?

ただのアクセサリーではない、特別なアイテムである結婚指輪。二人でお気に入りのものを選びたいところですが、女性と男性では好みが違い、どの指輪にするかで揉めてしまうことも珍しくありません。
二人ともが納得できる指輪を選ぶために重要なポイントは、事前にしっかりとお互いの希望条件を出し合うことです。次のような点を二人でチェックしてみると良いでしょう。

  • 身につける頻度はどれくらいか
  • 予算はいくらか
  • ブランドや色、形、石などに希望の条件はあるのか
  • 刻印や医師の変更など、カスタマイズをしたいのか

 

指輪を探し始めた時点ではまだ理想が固まり切らず、ぼんやりとしているかもしれません。何軒かのお店を二人で回って、少しずつイメージを固めていくことが大切です。指輪を決定するまでに3店舗ほど下見するカップルが多いようです。

結婚指輪を別々のデザインにする夫婦も増えている

結婚指輪は、夫婦が愛を誓い合った証。お揃いのデザインにするのが普通だというイメージがありますが、最近では別々のデザインにする夫婦も増えてきています。デザインの好みは人それぞれ、例え夫婦であっても食い違ってしまうことが多々あります。

長く身につける特別なリングだからこそ、それぞれに似合った、お気に入りのリングをつけたいと思うのは自然なことです。もし別々のデザインにするとしても、モチーフを揃えたり、二人のイニシャルを刻印するなどの工夫で統一感を出せます。むしろ、同じデザインにしないことで個性的でよりおしゃれな指輪になり、特別感が増すという意見もあります。

思い切ってオーダーメイドという選択肢も

なかなか既製品では好みの条件に合うものがないという方や、どうしてもお互いの条件を盛り込んだうえでお揃いの指輪にしたいという方には、オーダーメイドリングにするという選択肢もあります。オーダーメイドリングなら、世界に一つだけのリングを作れます。二人の好みが食い違っていても、それぞれの希望に合わせたデザインにしながら、統一感のあるデザインにまとめることも可能です。オーダーメイドのリングは、素材や宝石などを自由に選択できるので、デザイン以外でも融通が利きやすいというメリットもあります。

鍛造の結婚指輪|日本製オーダーメイド結婚指輪専門のTANZO

また昨今は、金属強度を高めた「鍛造製法」のように特殊な製法で作られた指輪も多く、指輪の種類によってはオーダーメイドの指輪が一般的であることも少なくありません。デメリットとしては既製品やセミオーダーに比べると完成までにかかる時間が長めになってしまうことと、やはりお値段が少し高めになってしまうことがあげられます。しかし、絶対に妥協しない指輪選びをしたいカップルには、オーダーメイドが理想の指輪への近道と言えるでしょう。